富山促成青果 株式会社

HACCP・カット野菜・業務用野菜|富山促成青果にお任せ下さい

HOME»  食の安心・安全

食の安心・安全

食の安心安全とは?

HACCP認定証

HACCP認定証

 

1.食品をめぐる数々の問題

・雪印乳業食中毒事件
・ミートホープ牛肉偽装事件
・石屋製菓の賞味期限改竄問題
・中国餃子中毒事件
食品の問題は、ちょっと上げればどんどん出てきます。


2.問題の分析

・食中毒
・詐欺・偽装
・法律違反(故意・過失)
・企業としての対応不備(誠意がない)
・企業を取り巻く環境の変化
様々なリスクが多数存在します。

3.食の信頼をどのように守るか?

GAP(適正農業規範)・・・農場の安心安全システム
HACCP(衛生管理)・・・食品工場の安心安全システム
ISO(品質管理)・・・物流、販売の安心安全システム

リスクマネージメントの実施が必要!

 

HACCPの認証制度

HACCP認証ロゴマーク

HACCP認証ロゴマーク

 

1.HACCPとは

食品の安全性に対する危害を最小限に抑えるシステム

Hazard・・・危害
Analysis・・・分析
Critical・・・重要
Control・・・管理
Point・・・点

2.HACCPの種類

■「総合衛生管理製造過程」承認制度

「総合衛生管理製造過」程承認制度とは、HACCPの概念を取り入れた衛生管理であり、厚生省令で定めるもので、対象となる食品と、製造又は加工の方法の基準が定められています。
本制度は食品衛生法の第13条で定められています。
「総合衛生管理製造過程」の承認を受けた施設で大規模な食中毒事件が起こったことを受けて、本制度は改正されました。


■協同組合や協会の内部認証

各協同組合等で規定されている基準を満たしている事に対する、業界内でのHACCP認証。
業界独自の内部基準で認証する。


■第三者認証

利害関係の無い組織が、第三者として企業を外部から監査し認証する。
継続的な審査があることにより、現場はほどよい緊張感とやる気を維持する。

 

富山促成の信頼をどのように守るか

1.第三者認証によるHACCP導入の利点

・第三者認証することにより、安心・安全さらに公正さが保たれる
・CCP管理(特に重要なシステム管理)ができる
・記録が残るのでクレームに迅速に対応
・第三者認証により 独断・独走ができなくなる


2.アジアHACCP協会の認証基準

CODEX規格
コーデックス委員会の定めた、コーデックスガイドライン

コーデックス委員会とは
1962年 WHO(世界保健機関)とFAO(国際食糧農業機関)が合同で作り上げた国際的な機関


3.HACCPの導入

富山促成の安心・安全に対する信頼を守るために第三者認証によるHACCP導入をいたしました。
認証基準はコーデックス委員会の定めたCODEX規格に準拠いたしています。
認証機関はアジアハサップ協会による第三者認証を取得いたしました。